入会案内

入会のメリット

本会へ入会されるといろんなメリットがあります。

チェック
他の団体よりも年会費が低額です
チェック
資質の向上・生涯学習・技術の研鑽のために多くの学会・研修会が受けられます
チェック
各種スポーツ大会の救護やケアに参加・帯同することで、最近遭遇することが少なくなった新鮮外傷に触れることができます
チェック
円滑な療養費の申請(保険請求)を行うための情報発信や対策が講じられています
  • 組織として保険取扱い情報等を早期入手でき、正確かつ迅速に会員に発信しています。
  • 保険者と社団会長の協定締結により、会員の保険請求上のトラブルに対して、保険部を中心に組織として対応します。
  • トヨタ自動車健康保険組合との間では、高い信頼関係により療養費申請の当月請求・当月払いが行われています。
チェック
介護の分野では、契約している市町村で介護予防事業に参画できます
チェック
愛柔整介護ステーションで、非常勤ケアマネージャーとして活動できます
チェック
福利厚生制度が充実しています
  • 弔慰金や災害・病気見舞金、表彰、慰労金・慶弔金などの支給が受けられます。
チェック
顧問弁護士による医事相談や顧問公認会計士による税務相談が受けられます
チェック
図書やDVDの閲覧、貸出制度を設けています
チェック
愛知県接骨師会共済会
  • 本会会員の相互扶助と生活安定に寄与する目的で、愛知県接骨師会において、死亡弔慰金や慶弔病気見舞金、火災・災害見舞金を支給しております。
チェック
愛知県柔道整復師協同組合
  • 衛生材料・医療機器の安価購入、各種保険の優遇加入が受けられます。

他団体との会費の比較

本会の会費は代表的な他の団体に比べ、かなり安くなっております(下図参照)。入会金で20,000~190,000円もの差があり、年収480万円(月収40万円)の場合で定率会費も0.7~3.0%もの開きがあります。 次年以降においては月額で6,500円~14,000円の違いがあり、例えば10年間払い続ければ78万円~168万円という大きな差となって現れます。

他団体との会費の比較

お預かりした大切な会費は公益法人会計として公的に予算管理され、業界の発展と本会運営のために、また会員ご自身が多くの恩恵を受けられるよう、適正に運用されています。

資質向上のための各種研修会・学会

柔整学、整形外科学関連

  • 愛知県柔道整復学会・会員研修会(7月)
  • 公益社団法人日本柔道整復師会東海学術大会(11月)
  • 公益社団法人日本柔道整復師会生涯学習講習会(10月)
  • アスレチックトレーナー研修会(不定期)
    (日本柔道整復接骨医学会学術大会)(11月)

介護関連

  • 機能訓練指導員実務研修会・認定柔道整復師フォローアップ講習会(3月)
  • 地域包括ケアシステム研修会(不定期)

健康全般

  • 県民公開講座・会員研修会(2月)

柔道関連

  • 審判講習会(3月)

新鮮例経験・技術向上のための各種スポーツ大会救護・ケア

  • 少年少女柔道大会等、本会主催柔道大会(4月・6月)
  • 県柔道連盟依頼の中高生柔道大会等(年20数回)
  • 名古屋シティマラソン(3月)
  • アイアンマン70.3セントレア知多半島JAPAN(6月)
  • ボウリングナショナルチーム強化合宿(5月)
  • 全日本マスターズハンドボール大会(8月)

療養費の適正請求のために

  • 療養費取扱い研修会(3月)
  • 各支部レベルの保険研修会・説明会

入会資格・会費

入会資格

県内に施術所を開設する柔道整復師及び県内に住所を有するか又は勤務する柔道整復師

会費

本会の会費には、定額会費と定率会費があります。定額会費は収入の多寡にかかわらず月額6,000円、定率会費は入会月より1年間は年収の0.5%(月収20万円以下は免除)、次年からは年収により0.5%~1.4%となります。

他団体との会費の比較はこちら

 

接骨院なんでも相談ダイヤル
広報誌「愛整ニュース」
愛整ニュース

(公社)愛知県柔道整復師会が発行する広報誌「愛整ニュース」はこちらからご覧いただけます。

表示: スマートフォン | PC

メニュー